2030年03月31日

このブログを読み進めるための目次

時系列でわかるように、整理してみました。

平成28年11月29日 心臓から雑音が聞こえる
インフルエンザの予防接種を受けたとき、かかりつけの内科医に聴診器を当てられ発覚しました。

平成28年12月08日 紹介状を携え、大きな病院の循環器科を受診 胸部レントゲン、心電図、心エコー検査をした所、重度の僧帽弁閉鎖不全症であると診断されました。自分でも信じられなかったため、半年後、再検査して経過をみようといわれました。

平成29年01月20日 自分の体をじっくり観察することで心臓弁膜症を自覚した12月08日以後、自分の体を丁寧に観察しました。朝のジョギングで息が上がりやすい、バービージャンプや激しい運動をすると、くらくらしました。また、仕事ではお客様のクレーム対応をして、緊張すると立ちくらみしてしまうことがわかりました。すぐに予約を入れて、自分の症状を医師に伝えました。検査入院の手続きを済ませてきました

平成29年02月22日〜24日 検査入院
二泊三日の検査入院をしました。経食道心エコー検査と右手首からカテーテルを入れて心臓の状況を詳しく調べる冠動脈造影検査をやりました。

今までは循環器科でしたが、手術をするのは心臓外科医の先生であるため、心臓外科医の先生に担当が変わりました。また、心臓手術前に口腔外科(歯科医)の予約を入れられました。

平成29年03月08日 口腔外科と心臓外科医に診てもらう
虫歯バイキンや歯周病菌が、心臓で悪さをするそうです。虫歯治療跡のある親知らず左右上下4本を2週間ですべて抜くことが決まりました。もしも弁形成術ができず、人工弁になった場合、血液をサラサラにする薬(ワーファリン)を一生涯飲み続けなければならず、大量に流血する抜歯ができなくなるため、今のうちに抜いておけ、ってことです。
心臓外科医の先生から、心臓弁膜症僧帽弁閉鎖不全症の手術方法について説明を受け、さらにいくつかの検査の予約を入れられました。

平成29年03月13日 脳のCTスキャンを撮りました。

平成29年03月17日 右の上下の親知らず(計2本)を一度に抜きました。

平成29年03月22日 頸動脈エコー検査、第1CT胸〜大腿上部大血管造影検査を行いました。

平成29年03月24日 右の上下の親知らず(計2本)の消毒と抜糸

平成29年03月31日 左の上下の親知らず(計2本)を一度に抜きました。二度目とはいっても、やっぱり痛い。

平成29年04月05日 歯茎の抜糸。抜歯した時、歯茎を切り、糸で縫いましたが、テグス状の固い糸がつんつん飛び出して、
ほっぺの裏側を引っ掻き、すっかり口内炎に。数日、早く抜糸してもらい、口内炎も徐々に治り始めました。

心臓血管外科 家族コンサル、インフォームドコンセント。妻と長女(高3)に手術の危険性について
執刀医から説明を受けました。手術の概要と入院生活については看護師から説明を受けました。

平成29年4月12日 入院 入院手術を前にしてにまとめました。

平成29年4月13日 手術 手術直前、直後、手術内容についてはこちらのリンクから御覧ください。

病院内での手術後の経過については手術後の経過を御覧ください。

入院中の病院食をすべてまとめました。入院中の食事をクリックすると毎食のメニューと感想が写真と共にみられます。毎食iPhoneで写メしました(笑)。マメだなぁと思うかもしれませんが、楽しみが食事くらいしかなかったもので(汗)。




 
タグ:心臓弁膜症
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 18:00| 目次