2017年04月30日

死亡率3% 長女には刺激が強すぎた?◆インフォームド・コンセント

執刀医から、手術の説明を
受けました。

インフォームド・コンセントと
いうやつです。

妻、長女(高3)にも
一緒に聴いてもらいました。

先生は、懇切丁寧に、
高校生にもわかるように
噛み砕いて説明してくださいました。

手術は、97%の成功確率ですが
失敗する可能性もあります。

・死亡率3%
・輸血(エイズ等の危険性)
・心不全
・不整脈
・脳梗塞、脳出血
・肺炎、呼吸不全
・腎不全

など手術合併症、心臓合併症、脳合併症の
リスクを伴うってことです。

僕としては、

最悪の事態を想定した上で
(ネガティブシュミレーション)、

前向きに(ポジティブシンキング)考えるのが
行動指針になっているので、とてもありがたい説明だったのですが
長女には刺激が強かったようです(汗)。

僕がいないところで、

「パパが死んだらどうしよう?」

と、妻にもらし、ネガティブなスパイラルに
陥って悶々としていたそうです(笑)。

妻は、

「長女には聞かせないほうがよかったんじゃないの?」

といいました。

僕としては、

長女はもう高校3年生だし、
父親が、困難な手術に立ち向かう後ろ姿を見せておきたかったし、
現実から目を背けてほしくなかったのです。

一生忘れられないワンシーンになったはず。

いい社会勉強になったんじゃないかなぁ。

手術は朝の9時にスタートし、
終了するのは早くて18時。

トラブルがあると22時くらいまで
かかるそうです。

大手術なんだなぁ。

僕よりも、執刀医の先生って
本当に大変なのが、よくわかりました。

いよいよ来週、入院、手術です。

長女の不安を払拭するような
元気な姿で、戻ってきたいと思います。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:24| インフォームド・コンセント