2017年05月16日

【閲覧注意】手術跡の回復経過(写真あり)

手術9日後(平成29年4月22日)
20170422.JPG
ようやくドレーン(膿や血液を排出する管)を抜いてもらった。切り口周辺にある傷は、手術時に様々な管を入れていた跡。まだ糸が残っているところがドレーンが入っていたところ。

手術16日後(平成29年4月29日)
20170429.JPG
ドレーンが入っていた箇所の抜糸を終えた直後。
かなり縫い跡が引っ張られる感じ。怖くてカラダを伸ばすことはできない。

手術22日後(平成29年5月5日)
20170505.JPG
まだ右大胸筋のしびれが残る。腕立て伏せはやろうと思えばできるが、むしろ傷口が開かないか心配。
ビリッと傷口が裂けたら怖いので。

手術50日後(平成29年6月4日)
9weeks.JPG
右脇の下あたりにしびれが残る。
可動域もかなり広がり、腕立て伏せも問題なくできる。
ただし、懸垂のように完全に脇を伸ばし切る動きは痛みがある。
体調がよい日が多いが、加圧トレーニングをやった翌日、外出して疲労が蓄積したときは
血流のせいか、激しい耳鳴りがして、耳が聞こえにくかった。
二晩眠ったら、治ったが…。

2か月後
2month.JPG
かさぶたも取れ、手術跡がだいぶきれいになった。
治りかけているせいか、傷口がうずいたり、痒かったりする。
体側を伸ばしたりするストレッチも、違和感は感じつつも
だいぶできるようになった。

2か月後の首の点滴跡
2month-neck.JPG
蚊に刺されたような跡がずっと消えない。
これでもだいぶ目立たなくなった。

2か月後の右下腹部の様子
2mont-under.JPG
ドレーンを入れていた右下腹部も
かさぶたが取れ、きれいになってきたが、
下半身のストレッチをやると、傷んだり、うずく。

右乳下の手術跡と同じく、治りかけているためか痒い。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 22:21| 手術後の経過