2017年06月15日

インフォームド・コンセントで話された内容 平成29年4月5日14:30

執刀医の先生の元に、家族を連れて
インフォームド・コンセントを受けました。

我が家は妻、長女(高3)、次女(小3)
そして僕の4人家族です。

でも、さすがに小学生の次女に
心臓手術の話は難しいし、

手術のリスクについての話は
怖がってしまうだろうと判断し、
次女はインフォームドコンセントには呼びませんでした。

心臓血管外科の執刀医は
高校生の長女にもわかりやすく
噛み砕いて説明してくださいました。
1 心臓について
  (1)心臓は左よりと誤解する人が多いが、
     ほぼ真ん中にある。
     →心臓マッサージは胸の真ん中を両手で押すよね。

  (2)血流は一方通行

  (3)心臓の弁は4つ
  (4)心臓は一日10万回以上動くので
     僧帽弁不全症で弁が壊れていると、負担がかかり心臓が弱る。

  (5)いきなり僧帽弁はズレなかったので、
     長い時間をかけてズレてしまったのだろう。
2 心臓手術について
  (1)最悪の場合、胸骨を真っ二つに電動のこぎりで切って手術する。
     →覚悟はしておいて欲しい
  (2)右のおっぱいの下を切り、菜箸のような長い手術器具で手術する予定。
     胸骨は切らない。
  (3)心臓を止めます。
  (4)人工心肺装置を使用
  (5)手術時間は最低5〜6時間。それ以上かかる可能性もあり。
  (6)輸血の可能性あり→現在見つかっていない病原菌が血液中に入る可能性あり。
  (7)不整脈を繰り返すことも
  (8)左室破裂の可能性もあり
  (9)弁形成術をする予定。心臓を開いてみないとわからない。
  (10)弁形成術がダメな場合は弁置換術を採用。90万円の人工弁を使用。
  (11)脳、胃、の出血がありうる。
  (12)歯周病菌が心臓で悪さをすることがあるので、口腔外科での診察を事前に済ませること。
  (13)4月12日に入院、手術は4月13日9時から準備開始
     付き添いの人は8時に病院に来てほしい。
  (14)手術前の準備に2時間かかる。
  (15)16時〜17時くらいまでに付き添いの人は病院に戻ってきてください。
     その間、付添人は自宅に戻っていてもよい。

3 手術後
  (1)人工呼吸器は翌日には抜ける
  (2)翌日から食事
  (3)体にドレーンや点滴などいろいろな管が入っているが、少しずつ抜いていく
  (4)すぐに歩行訓練
  (5)10〜14日で退院
  (6)手術後1週間で退屈するはず
  (7)退院後は、週1〜月1回外来診療

妻と長女を交えて、このような説明を受けました。

※話を聴きながらメモした内容を書き起こしました。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 21:47| インフォームド・コンセント