2017年07月16日

20歳前後の豊かな感性−娘たちにも味わい尽くしてほしいなぁ

20歳前後の感性って
人生の中でも貴重な瞬間。

娘達にも存分に味わい尽くして
欲しいなぁ。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

大学時代のサイクリングの仲間と
ランチをしました。


年賀状のやり取りだけになっていたので、
ナマで再会するのは10年ぶりです。


大げさかもしれませんが、


「魂と魂が触れ合う」


ような感覚を覚えました。


20歳前後の感性がみずみずしい時の
友人って、特別な存在なのだと思います。


特に印象に残った話を一つ。


20歳の時に、サイクリングで
いくつもの峠を乗り越えて、
やっとのことで上高地に到着。


テントを張って、大酒を飲んで騒いで
翌朝、何気なく見上げた穂高の山々。


あまりの美しさに
ド肝を抜かれたのです。


まるで山が襲いかかってきそうな
巨大なパノラマ。


神々しい、といいますが、
まさに穂高には神が住んでいるのではないか?


というくらいびっくり仰天したのです。


友人も、同じ日の同じ時刻の同じ光景を
よーく覚えていて、あの日の感激が
忘れられない、とのこと。


なんだか嬉しかった。


その後、僕は結婚して子どもを連れて、上高地に
行きましたが、20歳の時の感動は
ありませんでした。


友人も、もう一度あの感激が味わいたくて
何度も、上高地を訪れたそうですが、
20歳の時の感動は二度と味わえなかったそうです。


友人には、大学生の子どもがいるのですが、
感性豊かな20歳前後に、旅の感動を味わってほしくて
切符を買い与え、無理やり旅に出したそうです(笑)。


20歳前後って、何もわかっていない
若造だったけれど、感性だけは豊かだったみたいです。


あの時の上高地での感動は
二度と味わえないのだろうなぁ。


でも、あの時の同じ場面を
大学時代の友人がしっかりと覚えていて
今も、大事にしていることに感激したのでした。


お金はなかったけど、
夢も希望も時間も体力も
豊かな感性もあった大学時代。


20歳前後の感性って
人生の中でも貴重な瞬間。

戻りたい、なんていう
甘ったれた気持ちは
さらさらないけれど、

充実した青春時代を
送れたことに感謝!です。

これから20歳を迎える
娘達にも、豊かな感性で見るもの全てを
存分に味わい尽くして欲しいです。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 06:44| 入院・手術を前にして

2017年05月08日

若い看護師に怒鳴られました◆頸動脈エコー検査、第1CT胸〜大腿上部大血管造影検査

昨日も、手術前の検査のため
病院に行ってきました。

造影剤を左腕から注入して
下半身の大動脈のCTスキャンをしました。

頭を固定された状態で、
注射針を唐突に刺されそうになったので、

「すいません、どのあたりに刺すのか
 教えていただけませんか?」

と若い看護師に伝えたところ、

「動かないでください。動くと
注射針が適切に刺せず危険です。
動かないでください」

と頭ごなしに、若い看護師から怒鳴られました。

「えっ、ここって怒鳴られる場面?」

とビックリしました。

いやー、注射針って、
突然、闇雲に刺されたら怖いです。

拷問か罰ゲームですよね。

勝手にカラダがビクッと動いてしまいます。

なので、どのあたりに刺されるのか
教えてもらわないと患者は不安です。

しかも、注射針を上手く刺してもらえなかったので、
造影剤が下半身まで届かず、1回目のCTスキャンは失敗しました。

怒鳴った若い看護師は、申し訳なさそうに

「大変申し訳ありません。上手く行かなかったので、
注射針をもう一度、刺し直しさせてください」

といいました。

経験のある方ならわかりますが、
注射のやり直しって、消耗しますよね。

人を怒鳴りつけておいて、
注射の失敗はないんじゃないの?

結局、2回も注射針をぶっ刺されて
なんとか造影剤を入れてのCTスキャンは
終了しました。

終了後、怒鳴った若い看護師は

「注射を失敗して
申し訳ありませんでした」

とペコペコ謝りましたが
腹がたったのでテキトーにスルーしました。

よっぽど怒鳴ろうと思ったけど、
若い看護師には何も伝わらないだろうと思ったし、

今後、手術入院をした時に再会して、
変なところに注射針を刺されたりイジワルをされても
困るので、

「ありがとうございました」

とお礼をいって帰りました。

誰にでも失敗はあるものだから、
注射を失敗されたことはなんとも思っていないんです。

どこに刺すんですか?という僕の質問に対して、
「ここですよ」と触ってくれたり、「左腕の肘の裏あたり」とか
回答するのに2秒ぐらいしかかからないと思うんです。

「どうして、わずかな手間を省こうとするの?」

ってことと、

「患者を不安にさせる看護師ってプロとして失格じゃん」

ってこと。

僕と看護師の共通のゴールは、造影剤CTスキャンを
無事に成功させることであって、患者が腹を立てたり、
看護師が怒鳴る人間関係は、成功にはつながらないと思うんですが…。

ともあれ、この病院では
とても、手厚く治療してもらっているので、
こういう困った看護師がいることに驚きました。

今回のできごとで、自分はお客様を不安にさせていないか
自分自身も反省させらたのでした。

相手の立場に立って考えるって大事ですよね。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 16:27| 入院・手術を前にして

2017年05月06日

手術当日、7時から水分補給も禁止

手術は9時からとのこと。

7時からは水分補給も禁じられ、
最後のトイレを済ませます。

8時30分過ぎに
看護師が迎えに来て
手術室に向かいました。

なんだか死刑執行に向かう
囚人のような心境でした。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 18:00| 入院・手術を前にして