2017年08月04日

手術4か月後の外来診察ー心臓絶好調(平成29年8月4日)

手術後4か月の外来診察に行ってきました。

今回から心臓血管外科の先生ではなく、
元の循環器科の先生です。

血液検査、レントゲン、心電図、
聴診器を当てた結果、

「術後の経過は良好」

との診断をいただきました。

薬も変更になりました。

血液をサラサラにするワーファリンはなくなり、
胃薬のタケキャブは強いのでマイルドなネキシウムカプセルになりました。

心臓の働きを回復させる
ビソフロロールフマル酸塩錠

血栓(血の塊)ができるのを抑える
バイアスピリン錠は今まで通りです。

「先生、調子はかなり良いのですが、
まだ薬は飲み続けたほうがいいのでしょうか?」

と質問したところ、

「まだ、飲み続けたほうが良いと思います」

との返事。

実は、仕事の都合で、
外来診療を1週間伸ばしたので、
この1週間、薬がなかったのです。

服用しなかったのですが、
調子は良好でした。

次の外来診療は3ヶ月後の
10月に予約を入れてきました。

まだ、手術跡はチクチクいたんだり
大胸筋、広背筋はシビレが残っています。

ただ、心臓は絶好調なので、
規則正しい生活を心がけて、
いきたいと思います。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 15:09| 手術後の経過

2017年07月16日

病気休暇の一人打ち上げ−病院の見えるイタリアンレストランにて

いよいよ今日が、3か月に及ぶ
病気休暇の最終日。

なんだか、一人で終了を祝いたくて、
手術入院をした病院がみえるイタリアンレストランで
一人打ち上げをしてみました。

うちあげをするなら豪華なランチを!
と思ったのですが、ファミレスっぽいところだったので、

サーロイン・ステーキ  1,390円
サラダ・パン・ドリンクバー 390円

合計1,780円のランチとなりました。

病院を眺めながら、
この3か月を振り返りました。

入院の前日まで仕事をバリバリやって、
入院2日目に手術。

目が覚めたら口にぶっとい呼吸器を
突っ込まれ、斬られた右胸は重たい石を
載せられたように息苦しかった。

からだのあちこちから管や点滴の針が刺されて
安静状態。

微熱が続き、軽い肺炎にもなった。

でも、日に日に回復して、
病院内を歩き回れるようになり、
暇をもてあますようになった。

マンガ読みまくり、DVDみまくりの
時間だけはたっぷりある不思議な病院生活。

朝、昼、晩の食事が、毎日の目安でした。

退院後は、すぐに疲れてしまい、
家族からは「機嫌のいいぢかな少ないね」といわれ、
反省したり…。

いろいろあったけど、
人生について深く考えさせられたり
精神的にはステージが上がった感じ。

そんな病気休暇も今日で終わり。

なんだか、感慨深いなぁ。

ともあれ、明日から仕事復帰。

無理をしないで、徐々に自分のペースを
掴んでいこうと思います。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 06:32| 手術後の経過

2017年07月06日

皮膚科の女医さんから傷口(縫い跡)を柔らかくする薬をもらった平成29年7月5日 復帰6日前 日

手術後、約3か月が経過するのだけれど
右乳首の下の傷跡(縫い跡)が、

なんだか針金を入れられているように固く
チクチクと痛い。

毎年、左の人差し指の爪が水虫みたい(痒くはない)になるので、
抗生物質の塗り薬を処方してもらいに皮膚科いきました。

ついでに、手術跡がチクチク痛い話を
皮膚科の女医さんにいうと、

「(傷跡を)みせてごらん」

といいました。

シャツをたくしあげて
傷口をみてもらうと、

「あら、傷跡、きれいじゃないの。
 
といわれ、

「傷口が固いのならヒルドイドソフト軟膏(0.3%)を塗り、
痒みがあるのなら、ステロイドのリンデロンVG軟膏を塗るといいわよ」

とのこと。

多少痒いけど、傷口の固さが
気になるので、昼ドイトソフト軟膏(0.3%)を
処方してもらいました。

自宅に帰ってヒルドイトソフト軟膏を塗ると
なんだか、傷口がやわらぐようで、もっと早く縫っておけばよかったなと思いました。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 06:42| 手術後の経過