2017年04月30日

羞恥心、自尊心がポキリ、ポキリと音を立てて折れました

羞恥心、自尊心が、ポキリ、ポキリと
音を立てて折れる瞬間を
経験したことがありますか?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

心臓弁膜症の手術入院での出来事。

手術前には、ムダ毛の処理を
するんですね。

手術箇所にも寄りますが
僕の場合は、おちんちんと脇の下でした。

「心臓なのに、おちんちんと脇の下?」

とあなたは疑問に思うかもしれません。

下腹部からは、膿や体液を外に出す管(ドレーン)を
入れられましたし、

心臓手術は右の乳首の下から脇の下まで
12センチほど切開して手術したから、
脇の下とおちんちんの毛を剃られたのです。

無関係どころか、とても大事な作業だったんです。

手術前に、

「どんなふうに剃毛されるんだろ?」

と、ドキドキしていたのですが、
23歳くらいの可愛らしい看護師さんが
バリカンで容赦なく「刈る」のですね(汗)。

カミソリで「剃る」のではなく
バリカンで「刈る」のです。

脇毛は、看護師さんが全部やってくれましたが、
おちんちんの毛は、まず、バリカンを看護師さんから
手渡されて、僕自身で刈りました。

「じゃあ、仕上げに入りますねー♪」

と若い看護師さんが、仰向けになった
僕の下半身の毛をバリカンで刈り始めました。

途中、おちんちんの先っちょを
看護師さんに持たれて、右に倒し、左に倒して
隠れた部分などを刈られた時、僕の

・羞恥心
・自尊心

が、ポキリ、ポキリと折れる音がしました(笑)。

「あ〜ん♪、もうどうにでもしてっ!」

という投げやりな気持になりました。

でも、冷静になって、
いたたまれない気持ちになりました。

恥ずかしがっている場合じゃ
ねーだろ、俺。

だって、若い看護師さんからすれば、
47歳のおっさんのくたびれた
タマキンの処理をさせられるほうが
余程、いい迷惑です。

恥じらっていた自分が恥ずかしくなりました。

ごめんね、看護師さん。

仕事とはいえ、47歳の汚らしい
タマキンを見せつけてしまって…。

ともあれ、若い看護師さんに剃毛していただいた
お陰で、化膿したりすることなく、無事に手術を
終え、退院することができたのでした。

それにしても47歳にして
自尊心や羞恥心が、ポキリ、ポキリと
音を立てて折れる体験をするとは思いもよりませんでした。

いい人生経験になったと思います。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:30| 手術

無事に退院できました

心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)の手術を終え、
昨日、4月23日、退院することができました。

4月12日に入院、13日手術。

結局、12日間入院、
手術後10日で退院したってことになります。

手術後は、医者から、

「驚異的な回復力」
「極めて順調」

などと、お墨付きをいただき、合併症など後遺症もなく、
短期間で退院できたのは本当に良かったです。

12日間、病院の中から一歩も出られず、
13日目に、ようやく病院を出た感想は、

「太陽がやたら、まぶしい」

です(笑)。

家に戻れたのはうれしいけれど、
まだまだ、安静が必要だし、薬を飲み続けるので
3か月かけて、ゆっくりと回復して行くことにします。

心臓の調子はだいぶいいですが、
ずっと立ったままはきついですし、

手術の傷跡がまだ
うずいて痛いです。

※右オッパイの下の約12センチの傷跡には
まだ糸で縫われたままです。

まだまだ病人です(汗)。

筋トレを始めたいところですが、
無理はしないことにします。

ウォーキングで徐々に
体を復活させていきます。

取り急ぎ、ご報告まで。

ありがとうございました。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:29| 退院

おむつプレイ、浣腸、毛剃り…まるでSM◆術前、術後の説明を看護師から聞いてビビる

先日は、執刀医からの
手術説明がありましたが、

昨日は、看護師から、術前、術後の
入院生活の説明がありました。

手術後、数日は、僕のカラダに
たくさんの管がつながり、身動きが
取れない状態となります。

なので、オムツを履くのだそうです。

おちんちんには管を挿入されるので、
おしっこの心配はないのですが、
→といっても、違和感がしんどいらしい…

うんちはオムツにしないといけないようです。

「看護師さんの前で、うんこはできないだろ〜」

と思っていたら、

「うんちがでなければ、浣腸をしてでも
 出してもらいます。出してもらわないと困ります」

とのこと。

僕が不安そうな顔をしたら、看護師さんは

「大丈夫です。看護師はマスクをして目だけが
 出ている状態ですので、どの看護師かは
 わかりませんから」

といいますが、全然、大丈夫じゃないです(汗)。

他人が見ているところでうんこは出ないし、
ましてやケツの穴まで拭いてもらうなんて…。

さらに、

「ワキ毛やおちんちんの毛はすべて
剃らせていただきます」

といわれ、不安は増大しました。

女性の前で、うんこを強要され、出さなければ浣腸。

しかも脇毛、チン毛を剃られたり、
口、鼻に呼吸器をつけられ、両手に点滴、足のあちこちにも
管が挿入されている。

これじゃまるでSMじゃないか…。

そんな不安を抱え、あれこれ妄想を膨らませながら、
帰宅しました。

でも、待てよ…。
大変なのは看護師さんじゃね?と
思ったのですね。

僕は「まな板の鯉」みたいに
されるがままにされていればいいわけで、

47歳の脂ぎったおじさんのケツの穴に
浣腸したり、剃毛したりする看護師さんのほうが
いい迷惑ですよね(笑)。

大変なのは、僕じゃなくて看護師さんのほうじゃん。

ともあれ、入院、手術はいよいよ来週。

身支度を整えて
万全の状態で臨むことにします。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:27| インフォームド・コンセント