2017年06月13日

病院での携帯電話使用禁止は過去の話◆大病院のハイテク化に感動

入院していた病院は、今年に入って
移転した新築の病院です。

病室も新しかったし、
医療器具もあれこれと
新しくなっていました。

さて、一番、驚かされたのは
医師も看護師も全員、業務用iPhoneを
持たされていたことです。

例えば、僕が点滴をする時、看護師さんは
iPhoneで、

1 自分の名札のバーコードを読み込む
2 患者の手首に巻かれたバーコードを読み込む
3 点滴のバーコードを読み込む

といった作業をします。
※点滴が終了した時も同じことをします。

こうすることで、どの看護師が、どの患者に
何時何分に、どういう種類の点滴を打ち、
何時何分に点滴が終わったがが、電子データとして残るのです。

また、僕の体には24時間、心電図を計測する
センサーが体に貼られ、病院のホストコンピュータに
データが送信される仕組みでした。

なので、突然、心電図の動きに変化があると
看護師が飛んでくる仕組みです。

こういった電子機器データが、
病院内を飛んでいるWi-Fiに乗って
コンピュータで取りまとめられているのです。

お医者さん、看護師さんのiPhoneも
しょっちゅう呼び出しがかかっています。

こんな病院ですから、事実上、

「携帯電話はご遠慮ください」

などと、どこにも掲示されていません。

不思議に思って、看護師さんや病院スタッフに
聴いたところ、携帯電話は禁止にしていないそうです。

かつて、携帯電話の電波は、
医療機器が誤作動する恐れがあるといわれていました。

電車をはじめ、あちこちで

「携帯電話の使用はご遠慮ください」

と書かれています。

ペースメーカーも
誤作動する可能性があるなんて
まことしやかにいわれていたこともあります。

でも、ペースメーカーも日進月歩のようで、
これだけ世の中に携帯電話、スマホが普及してしまうと、
使用禁止にするのは事実上、不可能です。

特に、僕がかかっていたのは、心臓血管外科という
ペースメーカーを使っている人が多数集まる病棟です。

声を大にして、「携帯電話を病院内で使ってもいいよ」とは
いわないのでしょうが、もはや、禁止しきれない状況になったことは
確かなようです。

それにしても、すべてiPhoneやWi-Fiによる管理が
進んだ最新の医療現場。

なんだかハイテク危機満載で、
パソコン大好きな僕としては、
テンション上がりまくりの入院生活だったのでした。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:33| 入院生活

手術3週間後、僕は機嫌がいい時間が少ないらしい

退院後、僕の機嫌がいい時間が
少ないそうです。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

妻と長女(高3)が


「パパは退院後、機嫌がいい時間が減った」


といいました。


年中イライラしているとか
機嫌が悪いとか、
腹が立つとかではないんです。


ただ、体がダルかったり、
疲れていたり、眠かったりすることが
多いんですね。

傷口の修復にエネルギーを
消費しているらしく、
やたら疲れるのです。

右乳下に切開した12センチくらいの傷跡があるのですが、
その縫い跡も、体の向きや角度によって痛いです。


その結果として、
健康だったときよりも
機嫌がいい時間が少ないみたいです。

自分では気づかなかっただけに
ショックでした。

体調が悪いと、にこやかでいるのって
難しいのかもしれません。

まずは、傷口の回復に努め、
機嫌がいい時間を増やしていきたいです。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:30| 手術後の経過

親知らず抜糸、1か月経過したけど…特に困っていません

人間のカラダは、よくわからないことが
多く、不思議がいっぱいですね。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

心臓手術に備えて、
3月に4本の「親知らず」の歯を
抜きました。

あれから、1か月以上、経ちますが
特に困ったことはありません。

・歯並びが変わり、噛み合わせがおかしくなるのでは?
・噛み合わせがおかしくなり、頭痛などの症状が出てしまうのでは?

などなど、不安があったのが
ウソのようです。

ただ、まだ、「親知らず」があった箇所の
穴が、完全に塞がっていないので、
食べかすなどが詰まりやすい。

歯磨き、うがいが、今まで以上に
丁寧になったので、これは抜歯して
よかった〜♪というメリットかもしれません。

「じゃあ、親知らずって何なんだよ。
何であるんだよ?」

って質問をしたくなりますが、

歯医者さんのホームページの
親知らずの説明を読むと…

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

食品を調理せずに食べていた原始時代と比べ、
現代は食生活が激変しました。

硬いものを噛まなくなったため、
顎は退化して小さくなってきました。

しかし、歯の大きさや本数に
変化はないのです。

そのため、永久歯の中で最後に生えてくる
親知らずのためのスペースがなく、

他の歯と同じようにまっすぐ
生えることができず、お口の中で
悪い影響をもたらすことが増えてきてしまったのです。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

という説明がされています。

つまり、現代の食生活と
顎の変化は、親知らずを
不要にしてしまったのですね。

ただ、人間の体のメカニズムは深いので、
現代の医学では「親知らず」が退化せずに
残っている理由を説明できないだけかもしれません。

ともあれ、親知らず4本を抜いた後、
特に困ったことはありません。

油断はできませんが、
とりあえずよかった〜。

人間の体は、よくわからないことが多く
不思議がいっぱいです。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:29| 手術後の経過