2017年06月13日

薬局で30分以上待たされた理由

手術27日後の外来診察に
行ってきました。

一進一退を繰り返しながら
回復している状況です。

調子のいい日もあれば、
体調不良の日もある、そんな感じです。

さて、執刀医から薬を処方され、
院外薬局に薬を買いに行きました。

すると、薬剤師さんが

「処方箋に同じ薬が、ダブって書かれています。
 おそらく、先生が前回の処方箋をコピペして
 消し忘れたのではないでしょうか。

 薬剤師は、処方した医師に確認しないと
 薬をお出しできないので、大変申し訳無いのですが
 医師からの返事が来るまでお待ちいただけませんでしょうか」

といいました。

仕方なく、30分ほど待って
ようやく薬剤師と医師と連絡が取れ、
コピペミスだということが判明しました。

薬剤師さんが、処方箋どおりに薬を用意したら
危うく、僕は通常の2倍の薬を飲む羽目になったはず。
→まぁ、僕でもあれっ?と思うはずだが…

処方箋を書く医師と
薬を用意する薬剤師が別々だったからこそ
防げた医療ミス。

薬剤師さん、ありがとう。

医師にとっては単なる
コピペミスなんだろうけど

僕ら患者からしたら、事故につながりかねないので、
二重三重にチェックする仕組みって
できないものですかね。

30分以上待たされて、
昼時でお腹が減って参ったけど、
医療ミスを防げてホッとしたのでした。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:27| 手術後の経過

歯周病菌が心臓で悪さしないように近所の歯科医院で歯のメンテナンス

かかりつけの歯科医師がいると
心強いです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


ここのところ
集中的に歯医者に通いました。


歯と心臓は密接に関係していて、
歯周病菌が血液に乗って
心臓で「悪さ」をするからです。


だから、歯をキレイにしておくのは
健康管理上、とっても大事なんですって。


知ってました?


心臓手術がうまくいった要因の1つに、
定期的に近所の歯医者でクリーニングをし、
口の中の環境が、良かったからというのもあるそうです。


心臓外科医の先生から、今後も
歯の健康管理をしっかりやるよう
アドバイスをされたので、


かかりつけの歯科医院に退院後、
毎日、通院したというわけです。


歯科医師は僕と同い年で
家族4人が診てもらっているので
きさくに声をかけてもらっています。


心臓手術後、僕を心配してくださり、
とてもあたたかい言葉と励ましの言葉を
くださいました。


「今年はココロもカラダも無理をしないで、
 来年くらいから、徐々にペースを
 上げるくらいがちょうどいいですよ」

とアドバイスをもらいました。


毎日のように顔をあわせていたのですが、
一通り歯の治療とクリーニングがおわり、
次回は1か月後に診察ということになりました。


なんだか寂しいです。


歯科医師の励ましの言葉を胸に、
仕事復帰に向けて、体づくりの
仕上げに入っていこうと思います。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 19:26| 手術後の経過

2017年06月10日

今が一番若い。「手術はいつやるの?」「今でしょ」

心臓弁膜症と診断されて、

「いずれは手術しなければならない」

といわれました。


僕は120歳まで生きる計画を立てているので、
迷わず「手術する」決断をしました。


「手術をいつやろうか?」

と悶々と何年も不安な気持ちで過ごすのは嫌ですし、
エネルギーの無駄遣いです。

そして、手術は体力がある時に
やったほうが、回復が早いです。


循環器科の病棟に入院していたのは
おじいちゃんばかりでした。

やはりおじいちゃんたちは
47歳の僕に比べて回復が
遅かったですね。

「今が一番若い」

とはよくいわれることですが、
手術を決断したのなら、迷わず
さっさとやってしまったほうがいいです。


医師と相談し、手術が必要なら
今すぐやりましょう。

東進ハイスクール講師の林修先生ではないですが、

「手術いつやるの?」

「今でしょ」

がいいと思います。

主治医の先生とよく相談して、
手術する日を決めてしまってください。
posted by 心臓弁膜症47歳サラリーマンのお父さん at 20:59| 手術を考えている人へ